実年齢より上に見られる憎きほうれい線|美容液で念入りにケアしよう

乾燥する肌の対策

スキンケア用品

肌の角質層には水分を保持したり、紫外線やホコリなどから肌を守るバリア機能が備わっています。これがきちんと正常に機能していれば、肌荒れやニキビなどの肌トラブルにはなりにくいとされていますが、様々な理由によって乾燥肌になってしまうと肌のバリア機能は低下してしまいます。乾燥肌になってしまう原因は、様々なことが考えられます。肌に合っていない成分や間違ったスキンケア、偏食やダイエット、外食が多いなどの食生活の乱れ、睡眠不足やストレス、入浴方法など生活習慣などが肌に影響してきてしまうのです。このような乾燥肌を改善するには化粧水などのスキンケア用品を利用していくことが必要となります。乾燥肌対策として化粧水を選ぶときのポイントとしては、保湿力の高い成分の配合されているもので肌にしっかりうるおいを与えられるものを選んでいきます。化粧水に配合されるうるおい成分としては、肌の中にも存在しているヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは水分を吸着して抱え込む性質があります。天然保湿因子はアミノ酸や尿素、乳酸などで構成されており、水分と結合性質があり吸着して角質層に供給します。肌を健やかにする細胞間脂質の生成を高めるためには、ユーカリ抽出液などが効果的です。これらの成分を複数配合されている化粧水を選ぶことが肌の乾燥には有効だと考えられています。セラミドは効果の高い保湿成分ですが、水溶性ではないため油分の含んだ美容液や乳液などで補っていくとより高い効果を得られます。