実年齢より上に見られる憎きほうれい線|美容液で念入りにケアしよう

乾燥しやすい肌のケア方法

化粧水

皮脂を取りすぎず保湿重視

乾燥肌のスキンケアで一番気を付けるべきことは、皮脂を取りすぎないこと、そして保湿の2点です。しかし保湿はともかく、なぜ皮脂を取りすぎるのはよくないのでしょうか。肌は元々、皮脂膜によって守られています。この皮脂膜を取りすぎてしまうと、肌そのもののバリア機能が弱まり、よけいに乾燥するもととなってしまいます。ですから、たとえばオイルクレンジングなどを使ったり、洗顔をしすぎたりすることで、乾燥肌になってしまうことがあるのです。元々の乾燥肌でなくても、最近いくらか乾燥気味という場合は、クリームやミルクタイプのクレンジングを使うようにしましょう。また顔を洗った後、タオルで力を入れて拭くことはやめて、そっと抑えて水を切るようにしましょう。また、保湿アイテムを使う場合は、セラミドやヒアルロン酸配合のスキンケアアイテムがいいとよくいわれます。しかし、この2つはどのように違うのでしょう。まずセラミドは、表皮、肌の一番表の部分に存在しています。このセラミドは細胞の間を埋め、水分を蓄えると共に、外部の刺激から肌を守ります。一方ヒアルロン酸は、肌の内部の真皮に存在し、潤いと弾力を保つ働きがあります。またセラミドの場合は、ナノ化することによって浸透しやすくなりますので、そのようなスキンケアアイテムを選ぶのもいいでしょう。一方ヒアルロン酸は、弾力を保つため、保湿のみならずアンチエイジングの効果もあります。また乾燥肌の人が、ビタミンC誘導体入りスキンケアアイテムを使う場合は、乾燥しやすくなることがありますので、必ず保湿アイテムを併用するようにしましょう。